タウンエース用エアロ「IRIEキャラット」採用ONE OFF満載タウンエース!

タウンエース最低車高!エアサスSET UP!

タウンエース最低車高!エアサスSET UP! 激低の車高にするためフロントはインナーアーチを上げたのち、インナーフェンダーを力技でたたき上げて、クリアランスを確保した。
足回りはエスティマのストラットを流用しナックル取付位置を上げたのち、エアーバックをセットアップ。
足回りはエスティマのストラットを流用しナックル取付位置を上げたのち、エアーバックをセットアップ。
リアはフレームCノッチのリアーフロアー床上げでデフの干渉を回避したのち、ローアームを伸ばし、テンショロッドを加工、ラテラルをアジャスター式に交換。
干渉回避のためタイヤハウスインナー・リアフロアー高も加工!
その周りを木で囲いデザイン性とラゲッジスペースの使い勝手を確保。
エアサスは4輪独立式。
干渉回避のためタイヤハウスインナー・リアフロアー高も加工! その周りを木で囲いデザイン性とラゲッジスペースの使い勝手を確保。
エアサスのメーター類は助手席側のダッシュボードに埋め込み、スイッチ類はAshtrayに引き込んだ。
エアサスのメーター類は助手席側のダッシュボードに埋め込み、スイッチ類はAshtrayに引き込んだ。
電磁弁はラゲッジスペース内に収納。

タウンエース史上初?スーサイドドア加工!

タウンエース史上初?スーサイドドア加工!
純正スライド式リアドアを、スーサイドドアにカスタマイズ。
手法としては1度Cピラーを切り開き、ボディー内側のフレームにマウントを移植。
そこにエルグランドから流用したヒンジを取り付け。
ドアの受け口となるストライカーもエルグランド純正を流用しBピラーに移植。
前後ドアはスムージング加工を施し、セキュリティ連動でのポップドア化。
手法としては1度Cピラーを切り開き、ボディー内側のフレームにマウントを移植。 そこにエルグランドから流用したヒンジを取り付け。 ドアの受け口となるストライカーもエルグランド純正を流用しBピラーに移植。

スチール叩き出しオーバーフェンダー加工!

スチール叩き出しオーバーフェンダー加工!
0.8mmのスチール板を叩き上げ、フロントバンパー(キャラット)をそれに伴いONE OFF加工。
ホイールは、ロー系カスタムやクラシック好きに根強い人気のサプリウム 15X7J。
ディスクとスポークをマットブラックでペイントし、センターキャップは・・・んっ?何これ!?。

タウンエースと思わせない?圧巻リアビュー!

タウンエースと思わせない?圧巻リアビュー!
リアビューのスタイル変更に伴い、キャラットのリアゲートパネルのテール部分をスムージングに合わせ、リアバンパー両サイドのコーナー部分もスムージング加工し、両端に電装系の各種ライトをONE OFF後、キャンディーブラウンペイント施工でボディとの一体感を演出。
リアビューのスタイル変更に伴い、キャラットのリアゲートパネルのテール部分をスムージングに合わせ、リアバンパー両サイドのコーナー部分もスムージング加工し、両端に電装系の各種ライトをONE OFF後、キャンディーブラウンペイント施工でボディとの一体感を演出。

ステンレスONE OFFクネクネマフラーをSET UPする為、バンパーを開口加工。
さらに開口部に合わせてプレスラインを新設し迫力をプラス。

何スタイル?ビレットミラー設置加工!

何スタイル?ビレットミラー設置加工!
純正のサイドミラーマウントをスムージングし、新たにドアミラーマウントを設置。
そこにはめ込むのは、ビレットミラー。

キャラットで大変身のフロントビュー!

キャラットで大変身のフロントビュー!
ヘッドライトはテールレンズと同様にキャンディーブラウンペイント施工。
キャラットスムージングフード&バンパー採用でこのスタイル!

Wood&Steal系の異色スタイルインテリア!

Wood&Steal系の異色スタイルインテリア!
ステアリングは力技で曲げたONE OFFツイストステンレスステアリング!
インテリアトリムはアルミ縞板。
インパネやダッシュ回り、ルーフ、トリムなど、インテリアは外装と異なるWoodに合わせたマット系のブラウンで落ち着いたカラーリング。
パワーウィンドウS/Wは、他車種からスイッチや配線を流用し、コンパクト化。
ダッシュ右側に設置している赤いスイッチは、ポップドア化に伴うインナーオープンS/W。
フロントシートとセカンドシートはシートレールをワンオフしてウィッシュ用を流用。
フロントシートとセカンドシートはシートレールをワンオフしてウィッシュ用を流用。
ベットキットもONE OFFし、シートと同様の生地で張替えし統一感あるインテリアを演出。
ベットキットもONE OFFし、シートと同様の生地で張替えし統一感あるインテリアを演出。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。